FC2ブログ
にほんブログ村 にほんブログ村セキスイハイム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駐車スペース


駐車スペースについて、考えて見ました。


駐車スペースの広さについて検索してみると、スーパーなどでは幅2.5メートル、
奥行き5メートルが一般的なようです。

しかし、敷地との高低差がある場合、ドアを開けるスペースを考える必要があります。
車のサイズを 幅1.7メートル、長さ4.7メートルで図を描いてみました。
大き目の乗用車のサイズになります。

幅2.5メートル 奥行き5メートル
2500mm


幅が2.5メートルでは寄せても、運転席の乗り降りは窮屈そうです。
駐車する前に助手席の人には下りてもらう必要があります。
また、奥行きも余裕が無く、駐車時に気を使うことになるでしょう。
カーポートのゲートも付けるのは厳しいでしょう。
正面の道路が5メートル以下の場合は、出入りのため、隅切りがあったほうがよさそうです。

幅2.8メートル 奥行き5.5メートル
2800mm
寄せてとめることにより、運転席側は80センチメートルあり、余裕を持って乗り降りできます。
助手席側と運転席の両方で乗り降りは厳しそうです。
奥行きには余裕ができましたが、ゲートを付ける場合はあと30センチメートルあったほうが
いいかもしれません。


幅3.3メートル 奥行き5.5メートル
3300mm
運転席、助手席側ともに余裕をもって乗り降りできそうです。
子供がいて、両側の乗り降りが必要ならこの幅がいいでしょう。

幅5.8メートル 奥行き5.5メートル(2台並列)
5800mm
1台のときと同じ余裕で2台駐車する場合です。
2台の間は1台分(80センチメートル)の間隔でいいので、
単純に2倍になるわけではありません。


幅5.3メートル 奥行き5.5メートル(2台並列、角地の場合)
5300mm
我が家の場合です。ただし、道路の隅切は考えていません。
側面の道路と高低差がなく、交通量が少なければ、開閉時に道路側にドアが飛び出ても
それほど危険ではありませんので、道路側は30センチメートルしかありませんが、
乗り降りは可能です。



敷地の関係で建物ぎりぎりまで駐車スペースにする場合、該当部分で家の基礎の「嵩下げ」を行います。
嵩下げは後からはできないので、基礎工事着工前に駐車スペースを決めておく必要があります。
外構工事は家の完成後になることが多いため、注意が必要ですね。
もちろん、嵩下げには費用がかかります。
我が家の場合は10万円くらいの見積もりがでています。

注(お約束事) :
 記事は私の主観です。内容について一切の保証はできません。
 実際に駐車スペースをつくる際は、自分で検討を行い、判断してください。
 不明な場合は、専門家(外構業者)のアドバイスを受けることをお勧めします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むうれん

Author:むうれん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。