にほんブログ村 にほんブログ村セキスイハイム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リユースハイムではなかった(最後に)

今回の問題は何だったのでしょうか?


実のところ、私には選択肢はなかったのです。
事前に、
「 工場で補修しませんので、解体したままの状態で上棟します。
 補修は現地で責任を持ってやらせていただきます 」
こう言われたら、
「 よろしくお願いします 」
以外の回答はなかったはずです。
心の準備もでき、多少汚かったり、壊れていても気にならなかったでしょう。

上棟の後に同じ言葉を聞いても、既に遅いのです。




なぜ、同じような問題が何度も発生し、嫌な思いをするのでしょうか。





スポンサーサイト

リユースハイムではなかった(その3)

解体されたモデルハウスのユニットは、3か月半の間、なにもされないまま
保管されていました。
どんな環境で保管されていたのでしょうか。
上棟を終えた家がボロボロに見えるのは、私の期待が大きすぎたのでしょうか・・・。



今後、現場で確認をしながら痛んでいる部分の補修、交換していくそうです。
ただし、石膏ボードを剥がしてまでの確認はしないとのこと。
壁紙が貼ったままになっている個所は、壁紙を剥がして新しい壁紙を貼るだけ。
それで大丈夫でしょうか。


コンセントの位置を変更している個所は、石膏ボードを剥がすことになるので
その際に確認できるとのこと。
コンセントをたくさん追加したことが救いです。


外壁については、高圧洗浄機による洗浄を行うが、洗浄で落ちない汚れ、新しいユニットとの
色違いについては対応できないとのことです。
確かに、契約書にはそう書いてありますが、出来る限りのことをやっていただけるよう希望します。


作業は着々と進み、週末に見に行くたびに大きく変化しています。
逆に言うと作業の様子が全然わからないのです。
できれば会社を休んで一日中作業を見ていたいところです。
見たところで、作業の内容も妥当性も分からないのですが・・・。


現在、天井をはる作業が進んでいます。
工場では上下を反対にして作業するため、無理がかからず楽に正確に天井がはれるとの
説明を受けましたが、わが家では普通の家と同じく大工さんが重い石膏ボードを持ち上げ、
上を向いて作業しています。





接着剤で欠けた2階床部分補修の様子(1階から見上げた写真)
2010-05-19上棟23
欠けた部分に添え木がされています。


リユースハイムではなかった(その2)

応募時の資料にリユースハイムとの言葉がなかったのは、以前書いた通りです。


しかしながら、営業T橋さんからはリユースハイムと同じ説明を受けていました。
つまり、
「 解体したモデルハウスは工場に運び、工場で分解して悪いところを交換する 」
ということです。

全て記録しているわけではありませんが、それを前提とした話は何度もしています。
1.上棟60日前に80%の支払いを求められた
  上棟の60日前に工場のラインに投入することを根拠に、そのタイミングで80%の費用の
  支払いを求められています。

2.着工の前倒しを断られた
  当初、土地購入の都合で早い着工を希望しましたが、断られました。
  2月初旬に解体するため、工場での60日間を計算すると4月中旬前の上棟は
  不可能との説明でした。

3.上棟が延期された
  当初、4月の上棟で契約しましたが、工場の都合を理由に5月への延期されました。
  それに伴い、引き渡し日予定日も変更されています。

4.工場見学を断られた
  解体されたユニットがラインを流れるところを見たいと希望し、営業に伝えました。
  仕事を休んで工場見学にいくつもりでした。
  しかし、「 イレギュラーな作業のため、ラインの余裕を見ながらの作業になり、
  解体されたユニットがラインに投入されるタイミングが分からない 」と言われ、
  断られました。


今になり冷静に考えてみると、当初は営業のT橋さんも解体されたユニットが
工場で再生されると考えていたのかもしれません。
T橋さんの勘違いだったのか、途中でIセキスイハイムの都合が変わったのか・・・。






いずれにせよ、上棟の日まで「 工場で再生しない 」ことが私に伝えられることは
ありませんでした。



補足

リユースハイムの記事についてはその4まで投稿済みで、
順次公開予定ですが、コメントをいくつかいただいているので、補足します。
前後の記事と重複する部分もありますが、ご容赦願います。


1ヶ月が経過して、気持ちが落ちついたというのもあるのですが、
私は、今回の上棟について、絶対的に駄目だとは考えていません。
妻にはショックが大きかったようで、今でも落ち込んでいますが。


私が聞いていたのは
「 工場で補修されたユニットで上棟される 」
ことでした。実際には
上棟後、現地で調査を行い、不具合のある個所については、補修、交換をします。
「 新品同様のユニットで上棟する 」か、
「 上棟後に新築同様になる 」の違いですね。
“最終的な結果が同じになる”のであれば、その過程は異なっていてもいいのです。
もちろん、“最終的な結果”が同じにならないのであれば問題ですが。


ハイムは延長も含めた60年間の保証をするとしているので、
60年間住める家を建ててもらえればいいのです。


監督には非常によく対応していただいています。
少なくとも上棟後の監督の対応には、何の不満も感じていません。
どのみち、私には技術的な内容は分からないので、監督に任せるしかありません。





今回の問題は、
「 工場でユニットを再生をしてから上棟する 」
との説明通りに施工されなかったことなのです。





リユースハイムではなかった(その1)

中の様子です。
(上棟の日以降に撮影した写真も混ざっています)


石膏ボードにはしみ(カビ?)ができています。
2階の天井裏なので、空気工房のパイプが結露したのでしょうか。
交換してもらえるのでしょうか? そもそも交換は可能?
2010-05-19上棟24



床が剥がされた箇所です。
2010-05-19上棟19
接着材が残り、汚くなっています。





別の床が剥がされた箇所です。
2010-05-19上棟20
上の写真とは逆に床を受ける部分が欠けてしまっています。
接着剤が強力で、剥がした床側についていってしまったようです。





2階のトイレにはトイレットペーパー入れがついていました。
2010-05-19上棟21







開けてみると・・・・・・・・
2010-05-19上棟22
モデルハウスで使用していた掃除用具がそのまま入っていました。
ここまでくると、笑うしかありません。





写真では分かりにくいですが、外観もずいぶん厳しい状態です。
一目で新築ではないと分かります。


こんな状態で上棟されるとは、想像ももしていませんでした。
楽しみにしていた上棟が、失望に変わってしまいました。






上棟後すぐに家全体にネットがかけられたため、今は外から状態は見られません
目撃者が少ないのが救いです。


上棟(その4) リユースハイム?

2階のユニットを見て、ふと気づきました。
壁紙が貼ってある・・・・。 なぜ?
2010-05-19上棟13



リユースハイムは、工場で再生されているはず。
壁紙が貼ってあるはずはないのでは。



よく見ると、外壁が汚い。
2010-05-19上棟14



空気工房の換気口周辺は真っ黒。
2010-05-19上棟15



新しく作り直したユニットとは色が違う
2010-05-19上棟16



外壁角のカバー(名称不明)は途中で割れている
2010-05-19上棟18





中を見ると・・・・



続く


上棟(その3)

昼休み、2時半頃から雨が降り出しました。

上棟作業が再開しましたが、2階のユニットの固定に時間がかかっています。
「雨よ降るな!」 との願いもむなしく、屋根のユニットにとりかかるときには
本降りになってしまいました。
2010-05-19上棟06


5時、ついに最後のユニットが持ち上げられ、
2010-05-19上棟07
すでに街灯が点灯しています。




5時30分
全てのユニットの据付けが終了しました。
2010-05-19上棟08




早速中を見学しました。
紹介できるような状態ではないので、濡れた様子だけ公開

1階
基礎の上にも水溜りができています
2010-05-19上棟09

部材もこの通り濡れてしまいました
2010-05-19上棟10


2階
寝室と階段の間の窓
2010-05-19上棟11

2階は一面水浸しです
2010-05-19上棟12


監督によると、濡れた箇所については調査し、問題のある部分は全て交換してくれるそうです。
よろしくお願いします。




皆さんもびしょぬれでしたので、暖かい缶コーヒーを配りました。
交通誘導の2人も含め、15人ほどが作業されていました。


雨に濡れてしまいましたが、事故も無く上棟が終了しました。
ご苦労様でした。



上棟(その2)

上棟の2日前に監督のN川さんから電話がありました。
「 2日後の上棟は予定通り行います。 」
週間天気予報によると、その日だけピンポイントで雨の予報がでています。

上棟当日の朝、雨が降っていたら即中止になるそうです。




上棟当日
朝、外を確認すると風が強く、天気はあまりよくありあせん。
天気予報をみると、夕方から雨の予報。
駄目かなと思ったのですが、7時のN川さんから電話で、予定通り行うとのこと。
8時30分にスタートです。

上棟のため、私は休暇を取得しました。
まずは8時過ぎに子供を幼稚園に送っていき、仮住まいに帰ると窓からクレーンが見えました。

2010-05-19上棟01



慌てて駆け付けると、1個目としてキッチン奥のユニットが設置されるところでした。
2010-05-19上棟02



家の斜め前が公園なので、そこから上棟の様子を見ることにしました。
周りを見渡してみると、そこらじゅうにユニットを積んだトラックが停まっています。
2010-05-19上棟03


日差しがでることもありますが、天気はあまりよくありません。
時折、パラパラと雨が降りますが、濡れるほどでなく、すぐに乾く状況。
夕方から雨の予報ですので、その前には終わらせて欲しいところです。

2010-05-19上棟04




1階のユニットを設置するのに2時間かかりませんでした。
随分早いと思ったのですが、その後の結合作業に時間がかかるようです。


営業のSさんも遠くから様子の確認に来てくれました。



上棟は昼休みも取らずに作業が進められました。

2時になり、2階のユニットを置いたところで、遅い昼休みになりました。

2010-05-19上棟05


続く





上棟(その1)

上棟しました。


実のところ、すでに上棟から3週間以上が経過していますが、記事に書く気が起きませんでした。
あまりにショックが大きかったためです。
このブログも放置されるところでしたが、3週間が経過したことで、気持も落ち着いてきました。
監督のN川さんが非常によくやってくれていると感じています。
やっと上棟の記事を書く気になりました。


なお、上棟で発覚した件について、現在の営業、設計の方には説明不足を感じていても、
直接的な問題があったわけではありません。
しかしながら、前営業のT橋さんの言葉には嘘があったと感じています。






上棟の前に、モデルハウスに応募したときまで話が戻ります。
今でも記念に保管しておりますが、抽選に応募した時の広告があります。
そこには、
「 モデルハウス売却セール 」と記載されています。

インターネットで、「 セキスイハイム モデルハウス 抽選 」で検索すると、トップに来るのは
東京セキスイハイムの「 リユースハイム抽選会イベント 」のページです。
東京セキスイハイムのホームページ

ここには、
 セキスイハイムの住まいは60年以上も快適に住み続けられる高耐久住宅。
 また基本部材の約7割がリユース可能(重量)。ユニット単位に解体し、
 生産工場で再生すれば
 新たなセキスイハイムに生まれ変わらせることができます。
 廃棄物が最小限に抑えられ、 環境や価格にやさしい。それが「リユースハイムの家」なのです。

とあり、さらに
 「 セキスイハイムの展示場は大切な資源を無駄にせずリユースハイムとして生まれ変わります 」
と記載されています。


さらに、「 リユースハイム 」で検索してみると、東京セキスイハイムの他に
 ・セキスイハイム中四国株式会社
 ・セキスイハイム九州株式会社
 ・セキスイハイム近畿株式会社
 ・セキスイハイム中部株式会社
 ・セキスイハイム東北株式会社山形支部
 ・セキスイハイム信越株式会社
などでモデルハウスのリユースハイムキャンペーンを行っていることが分かります。
( 全て調べたわけではありません。また、現在も実施しているかは不明です )
リユースハイムについての内容の説明についてはどこも東京セキスイハイムと同じです。


Iセキスイハイムの広告には、「 リユースハイム 」との記載はありません。
わが家が当選して現在建築中の家は、
「 モデルハウス売却セール 」であり、「 リユースハイム 」ではなかったのです。


この違いを私は上棟のその日まで、知ることはありませんでした。






次回は上棟の様子を紹介します。


火災保険1


家を建てる場合、建物、土地以外にも多くの諸費用がかかります。
その中でも火災保険は大きな金額になります。

住宅ローンを組む場合、借り入れ先から火災保険への加入を強制されます。
火災に逢い、家を失ったのにローンが残るのを避けるためですが、
実際には銀行が確実にローンを回収するための保険になります。


私の方針は、
・建物の保険金額は、35坪程度の家が再建できる程度。
・家財保険もそれなりに掛ける。
・地震保険は最大(火災の半分)
・水災は不要
です。

火事になっても今ほど大きい家はあきらめるつもりです。

地震保険は、今の家は耐震に優れるので大丈夫そうに思えます。
しかし、地震による隣家の火災で延焼しても火災保険は降りません。
そう考えると、地震保険も必須だと思います。

水災は40cm以上の浸水しなければ保険金はおりません。
床上浸水する可能性がないのであれば、水災を加えても無駄になります。

我が家の場合、100メートルさきより若干(1mくらい?)高い場所にあり、
さらに土地が道路より50cm上がっています。
つまり、水災の保険が降りる条件は、
1m + 50cm + 40cm = 1m90cm
我が家が床上浸水するときには、100メートル先の家は、1Fの半分くらいまで
浸水している計算です。
しかも近所はほとんど坂もなく平坦で、水が溜まることもなさそうです。
よって、水災は不要と考えています。


では、どの保険会社で契約すればいいのか・・・・
とりあえず、ネットで複数社の一括見積もりを取ってみました。
意外と高い。それに、各社の条件が微妙に異なり、単純比較できず、
混乱する結果に終わりました。


続きます



DIYで(実家の)レンガアプローチ(その4)


前回から3日ぶりに作業再開です。

3日ぶりに見てみると、並べたレンガは曲がり、でこぼこ状態。
サイドの部分は大分下がってしまっています。
固定していなかったので、予想はしていたのですが。


まずは、きちんと並べ直すことにしました。
一個一個、レンガを持ち上げて、
下に砂を少し入れて、
レンガを載せ、
ゴムハンマーで叩いて水平を合わせます。
ゴムハンマーは100円ショップ(ダイソー)で200円。


サイドは沈みやすいため、レンガを立てた方がよさそうですが、
今回はデザイン重視で、モルタルで固定することにしました。

水で練ったモルタルをシャベルでレンガに押しつけるように塗りつけていきます。
少なめにすると、モルタルが割れると思いますので、贅沢にたっぷりと。
レンガアプローチ052505


レンガの上から水を加えていない空練りのモルタルを振りかけ、箒で目地に埋め込みます。


ジョウロで上から水を振りかけます。


翌日までモルタルが固まるのを待ち、周りを埋めて均して出来上がり。


レンガアプローチ052506



思った以上にカーブがきれいにできました。
レンガも叩きながら一個一個調整しているので、ほとんどでこぼこがありません。
両親も満足です。




最終的に、当初の予定より
レンガ : -5個
モルタル : +1袋
砂 : +3袋
となり、材料費は約11000円(道具を除く)で完成しました。

費用的にも満足ですね。







写真では分かりにくいですが、モルタルが原因か、レンガがくすんでしまいました。
きれいにしようとワイヤーブラシでこすったり、高圧洗浄機で洗浄したりしたのですが、
あまり効果はありませんでした。

ネットで調べると、サンポールをかけるといいらしいですので、そのうちに試して報告します。



新しいデジカメが欲しい!(その3)



まとまりなく、だらだらと書いているため、
家とは関係ない記事が続いて申し訳ありません。




もう一つの候補(実はこちらが本命)は・・
富士フィルムの 「 FinePix HS10 」
24mmからの30倍ズーム(720mm)。
広角側も望遠側も申し分ありません。
流行りの裏面照射型CMOSセンサーを採用していて、暗いところでの撮影にも強い。
私の希望を完全に満たしています。
さらに、パノラマモードを持っているのも気になるところです。


動画はというと、
1920X 1080のフルハイビジョンに対応しています。
マイクはモノラルのようですが、これは問題なし。
記録モードはMPEG4。
これは少し厳しいかな。
映像の保存、再生、編集と、人にあげるときにどうしたらいいのだろう。

単3電池が4本!?
これは大きなマイナス。
リチウムイオン電池で軽くして欲しかった。


不具合があったり、富士フィルムのサポートに問題がある口コミが多いのも欠点。




それでも本命は「 FinePix HS10 」です。
乾電池採用や、録画方式は今後も変わらないでしょうし。



FZ38は脱落です。
FZ38の系列は例年8月に発売されており、気になります。
でも3か月は待ちきれないか・・。







早速実物を見るために、電機屋に行きました。すると、、、でかすぎる・・・・・orz
FZ38がこんなに大きいとは思いませんでした。
現在使っているFZ5はコンパクトなのに。
本命の FinePix HS10というと・・・・・・もっとでかい



物欲に突き動かされてきた心が折れる音が聞こえました。




新しいデジカメが欲しい!(その2)



今まで使用してきたカメラ、パナソニックのFZ5は5年間、非常に役に立ってくれました。


新しいデジカメの候補も同じ、コンセプトです。
となると、第一候補はFZ5の後継機です。
今の機種は・・・、FZ38です。
FZ5 → FZ7 → FZ8 → FZ18 → FZ28 → FZ38
5年間のブランクは長いですね。
数えてみると、5世代も替わっています。

一番気になるレンズはと言うと、27mm~486mmの18倍ズーム。
望遠側は432mmからあまり変わっていないけれど、
広角側は36mmから大きく進歩しています。
でも、25mmを体験してからでは、少し物足りない気がします。
口コミの評判はというと、
 ○焦点が合うのが早い
 ×暗いところに弱い
ようです。

動画は
1280×720( 60p記録 AVCHD Lite)
パナソニックのBDレコーダを持っているので、AVCHD LiteでSDカードに
記録できるのは、非常にいいです。
でも、フルハイビジョンではないのか・・・・。

他のメーカーに対してスペック的に、出遅れた感があります。


新しいデジカメが欲しい!(その1)


現在、使用しているデジカメはパナソニックのFZ-5です。
2005年に購入したので、すでに5年間使用しています。


12倍ズームで少し離れた鳥や花の撮影も大きく写せます。

上棟の日に見かけた雲雀??
(リサイズしていますが、トリミングはしていません)
20100519雲雀


5年間、私の乱暴な扱いにもよく耐えてくれています。
(富士山登山で砂まみれになったためか、ズームの音がうるさいですけれど・・・。)
それでも不満もあります。

不満点
1.広角側が弱い(35mm換算で36~432mm)
2.暗いところの撮影が苦手
3.広角側での歪みが大きい
4.もっとズームが欲しい


特に1の不満が大きいです。
室内の撮影をしようにも、狭い範囲しか撮影できません。
そういう際は、フリーのパノラマソフトで結合しています。
例えば、6月2日の記事の写真は、屋外での撮影ですが2枚を結合しています。



上棟の日に、予備としてパナソニックのFX-35を借りました。
25mmの広角で撮影できる範囲が広いこと。
今までならあきらめていた部屋の中の撮影も余裕です。
新しいデジカメが欲しい!!



それでも、持っているものは壊れるまで使う主義なので、もう少し今のデジカメを
使うつもりでした。

とこが・・・・、
最近、明るいところで写真を撮ると、中心に円形の影が写ってしまいます。
6月2日の写真だと、結合しているので2か所写っています。
レンズの汚れかと思いましたが、拭いてもとれません。
どうやら内部に入り込んだゴミか、受光素子の問題のようです。


これは、新しいカメラを買えということ!・・・・・・・・・・なのかな???


新しいカメラの調査を開始します。





足場


天気予報が雨のため、上棟予定日の2日前に上棟延期が決まりました。

モデルハウスは娘がサイコロを振って、
予定日は娘の誕生日だったため、記念になると思ったのですが残念。




足場だけは予定通り、上棟予定日の前日に組まれました。

後ろからの写真
201005足場

本当は正面からの写真を載せたいところですが、多くの家が写ってしまうため厳しい。







さて、もともとの上棟予定日の天気はというと・・・・・








一日中雨でした。
延期でよかった。
監督さんのナイス判断でした。

配管工事1


基礎の枠も外され、基礎上の配管工事が行われているということで
見に行きました。


201004基礎工事04

給水、給湯配管は樹脂のパイプを使用するのですね。
昔は鉄パイプ、10年くらい前には樹脂でカバーされた銅管を
使用しているのを見た記憶があるのですが、銅管は数年しか採用
されなかったのでしょうか。

樹脂で十分に寿命があるのでしょうけれど、ちょっと不思議な感じです。




プロフィール

むうれん

Author:むうれん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。