にほんブログ村 にほんブログ村セキスイハイム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン2

予備審査は思ったより簡単でした。

申し込み用紙に、希望借入金額、年収、自己資金、貯金、購入予定の土地、建物の概算金額。
土地の資料をつけてローンプラザに提出。
金額は年収の5倍ちょうどくらいに設定しました。


1週間ほどで結果がでるそうです。
スポンサーサイト

住宅ローン1


さて、予算をはるかにオーバーした土地が(ほぼ)決まってしまいました。
家もすぐに建ることになりました。

私はふつうの会社員ですので、土地も家も現金で買えないので、住宅ローンを
借りなければなりません。

ローンを借りたことはないので、まずネットで調べてみます。
・他に借り入れがなければ通常、年収の5倍までなら問題なく借りられる
・銀行、農協、フラット35が一般的
・金利は、変動、固定、期間限定固定がある。
・店頭金利は参考で、実際には各種の金利優遇制度がある
・ローンの正式審査の前に予備審査があり、事前に受けておくことでスムーズに手続きできる

会社は商業地にあり、周辺に多くの銀行があります。
昼休みに銀行を回って住宅ローンのパンフレットを集めてきました。

意外と、金利は横並びなのですね。
金利優遇措置も大体どこでも似ています。

その中でJ銀行では、
「 お勤め先は? 」と聞かれ、答えると、
特別金利プランのチラシをくれました。
なかなかいいようです。
・金利は変動、固定どちらでもずっと1.4%優遇
・繰り上げ返済手数料無料
・自己資金20%以上でさらに0.2%優遇。

予備審査を受けてみることにしました。

土地探し9

売主と契約前の打ち合わせをした。

これまでの経緯もあり心配していたが、非常に友好的に話が進んだ。
これなら問題ないかなと思っていたら、後半になり契約の話になり
「 では、土地の引き渡しは住宅建設着工の1週間前ということで ・・・ 」
ちょっと待った。 聞いてないよ。

それは、こちらに不利すぎるのではないですか?
転勤も病気も認めないらしい。
「 転勤しても、単身赴任すればいいでしょ 」
そんなことはできません。
「 6か月の予定が1カ月くらい遅れても待ってあげる 」
そういう問題ではないです。こちらは手付金を払うのですから。

不動産屋も「 何故伝わっていないの! 」 と売主から責められていました。

契約して、更地にして、引き渡しを受けて、家を考え、それから着工。
これは譲れない部分です。
でも、売主も譲る気はない様子。
硬直状態が続きました。

このままでは仕方がないので、こちらから提案してみることにしました。
「 こちらは土地を買い、家を建てる意思はある。 でも、6ヶ月間に何が起こるか分からない。
契約を延期して3ヶ月後として、その間にこちらは家を建てる準備を進める。
売主は3ヶ月間、他の人に売らない 」

これには売主も同意し、覚書を交わすことになりました。

大変です。
3か月以内に家を建てる目処をたてなければなりません。

何だか急にあわただしくなってきました。

土地探し8

やっぱり、あの土地がいい。

売主と会って誤解を解けるように何度か不動産屋に依頼したが、ダメだった。

ところが、しばらくして連絡があり、
「 売主が6か月以内に着工することを条件に売ってもいい 」
と言ってきた。

何も問題がなければ、6か月以内の着工は問題ないように思える。
でも、転勤とか、怪我とか、病気になったらどうするんだろう。
契約で 「 やむをえない条件の時は除く 」 とすればいいのだろう。

不動産屋にはOKの連絡をした。

すると、数日後、
「 契約の前に売主が会いたいと言っている 」 との連絡。

あれだけ会いたくないと言っていたのに。

土地探し7

不動産屋から電話があり、
「 土地の売主が売りたくない 」 といっているとのこと。

詳しく話をきくと、売主には不動産屋に話していなかった、“ 売る条件 ” があり、それが
「 土地を買ったらすぐに家を建てること 」

それを知らない不動産屋は、売主に
「 買主はいつごろ家を建てるんだろう? 」 と聞かれ、
「 今は○○(60km離れた地名)に住んでいるので、5年後くらいじゃないですか 」
と言ってしまったらしい。

こちらはそんな話は一度もしていないでしょ!!。 まったく。
家を建てるために土地を買おうとしているのに。

すでに売主は 「 売らない 」 の一点張り。
聞く耳もたずの状態らしい。

不動産屋を介さず、直接会うことができれば誤解もとけるとは思うのだが。
「 絶対に会わない 」 そうだ。

こまったな。

土地探し6

不動産屋に行く前に電話がありました。
「 やっぱり値引きはできません 」
どういうことですか?

とりあえず、不動産屋で話を聞きます。
要約すると、
・売主と不動産屋の間で何らかのミスがあり、予定より安く価格を決めてしまった。
・価格を修正する代わりに、一切の値引きには応じないと不動産屋と決めた。
・今回は、別の不動産屋が入ってしまい、その取り決めを守らず値下げの電話をした。
・たまたま電話に旦那さんが出て、「 値引きする 」と言った。
・奥さんが「 値引はしない 」 と電話を返してきた。

不動産屋は恐縮してしきりに謝っていました。 そして、
「 仲介手数料を値引きする 」 と言っていました。
まあ、こちらはもう買う気になっていたので、それでもいいことにしました。

土地の購入にはまず、買付証明書というのを出すそうです。
こちらを書いてもらいました。
こちらは何も言っていないのに、不動産屋がいろいろ条件をつけていました。

重要なのは4点、
①買い受け金額
②現在の古屋を基礎、浄化槽もきっちり取り除いて更地にする。
③手付金は100万円。
④ローン特約をつける。

④のローン特約について、
契約時に100万円を手付金として支払う。
通常の契約では、買主の都合で契約を解除した場合、手付金が違約金となり、返ってこない。
銀行のローンは契約後に申請することになるため、買主側にとっては不利となる。
そこで、銀行のローンが通らなかったときのみ、手付金も返してもらえる。

1週間後くらいに契約を行うつもりで、売主と調整です。

土地探し5

不動産屋から連絡があり、「30万円の値引きOK」 とのこと。
え? 本当に? 絶対に駄目だと聞いていたのに。

予算は大幅にオーバーしているけれど、購入の決心をしました。

でも、土地の購入にはどんな手続きが必要なんだろう。
ローンは?
分からないことだらけです。
週末に不動産屋に行くことにしました。

土地探し4

妹が土地の契約をしました。

実家のすぐそば。
よく、そんなところを見つけたられた感心。
何でも、5年くらい前に5件の分譲地として開発されて、即完売。
でも、4件は家が建っても1か所だけ空き地だった。
開発した不動産屋を探したところ、持ち主が売ってもいいと言ったらしい。
5年前と全く同じ値段。

個人経営の小さい不動産屋なのですが、こちらの気に入っている土地の話をしたら、
「 是非、仲介させてください 」。
え? 他の不動産屋で扱っている物件なのに、仲介できるの??

何だか不思議な感じですが、売主から30万円の値引きを引き出することを条件に、
仲介をお願いすることにしました。
プロフィール

むうれん

Author:むうれん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。