にほんブログ村 にほんブログ村セキスイハイム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭石(最後)

 
土地を見に行ってみると、庭石が隣人の庭に移動していました。
私の土地との境界近くなので、お互いのプライバシー確保に役立ってくれそうです。



庭石を隣地に移動し、着工が近いことを伝えたので、不動産屋が慌てて行動したようです。
これで完全に庭石問題が終了しました。


これまでの経緯をまとめます。
1.私の購入した土地は分割前は400坪ほどあり、売主の実家が建っていた。
  売主にとっては子供のころから、思い入れのある庭石だった。
2.私が土地を購入することになり、売主の実家を取り壊しした。
3.取り壊しと同時に売主の土地に庭石を移動する予定だったが、解体屋の重機では
  一番大きな庭石だけは移動することが出来なかったため、そのまま残された。①
  ここまでは、私とは関係がありませんでした。
4.私が裏の通路状の土地の追加購入を希望した。
5.売主の兄弟はついでに、私が購入を希望する土地の裏も売却することにした。
6.売主は、兄弟を紹介したことの代わりに、
  不動産屋には「 無料で庭石を自分の庭に移動すること 」
  私には「 庭石を壊さないこと 」を条件にした。
7.私と不動産屋の様子見状態
  通常の重機では動かせないが、大型重機の手配にはお金がかかるし、手配をすれば、
  2メートル移動も10メートル移動も同じ。よって相手にやらせた方が得。
8.私が簡単に、2メートルだけ庭石を動かした。②
9.私の家が着工すると移動は不可能なので、慌てて不動産屋が庭石を売主の庭に移動した。③

8の作業は無駄ですね。
本来、不要な作業ですが、不動産屋と様子見状態が続くと着工に影響がでる
可能性があったので正解だったと思います。




20100323庭石1



20100323庭石2



20100323庭石3



 
スポンサーサイト

庭石の移動4


前回の記事の話が地鎮祭前日のこと。

早速外構業者に連絡をしましたが、地鎮祭前には間に合いませんでした。

地縄を見ると、
20100314庭石1
見事に家にかかっています。
これを移動しなければ、家は建ちませんね。
周りを掘り起こしてあるのは、不動産屋が移動しようと努力した跡ですね。
無理をしたのか、欠けている個所がいくつも見られます。



地鎮祭は終了しました。
日曜ということもあり、公園の工事はしていません。
念のため、夕方に様子を見に行くと、作業着を着た人が2人。
今から石を移動すると言うのですが、重機が見当たりません。

すると、かすかに、重機の音が聞こえてきました。
どうやら200メートルほど離れた現場で、大型のユンボを使用していたようで、
自走してきました。

でかいです。
あれだけ悩ませてきた「 庭石 」が小さく見えます。

でも、ユンボでどうやって移動するのかな?  ロープを掛ける?
すると、、、
20100314庭石2
まず、庭石を移動させる溝を掘ります。

20100314庭石3
シャベルを引っかけて、引っ張る


20100314庭石4

なるほど。
埋まっているので、持ち上げる必要があるかと思っていましたが、
現状の埋まった深さのまま、移動させてしまえばいいのですね。
私の方も掘り起こす約束はしていませんので、問題ありません。


あっという間に終わりました。
溝掘りから移動まで10分もかかっていません。


さすが、大きな重機はすごいですね。
もちろん、作業した人の腕もあるのでしょう。


近くの現場で使用していた重機(ユンボ)を使ったので、燃料費分として5000円だけで
良いと言ってくれました。助かりました。


代わりに、外構の見積もりをとらせて欲しいと言われました。
もちろん、他の業者との見積もりの結果で断っても良いそうです。
私も外構業者が決まっていないので、選択肢が増えるのは助かります。




こうして、2か月間におよんだ庭石との戦いは終わりました。












-----------------------------------
庭石はお隣さんが、自分の庭に欲しがっています。
不動産屋が、お隣さんの庭に移動する約束をしているそうです。
そのためには私の敷地を通過します。
通過することについては、全く異存ありませんが、せっかく移動した庭石はまた
元の場所を通過して、運ばれることになります。
何だか無駄ですね。
基礎が着工したら敷地内は通過出来なくなり、道路を通って数倍の距離を迂回する必要があります。
ですからおそらく、基礎着工前に移動することになるのでしょう。


もう一度くらい庭石について書く機会があるかもしれませんね。

 

庭石の移動3


以下は母が確認したので、また聞きになります。

石材屋に敷地の庭石を確認してもらったのですが、前の工事中公園の外構業者と知り合いでした。
「 家を建てるのなら、外構も必要だろ。紹介するよ。 」

石の移動を頼んだ私のことを覚えていたようで、その外構業者の社長に話が行き、
1万円で移動してくれるとのこと。
5万円は覚悟していただけに、これはラッキーです。

石材屋は
「 外構屋を紹介したら、俺の仕事がなくなっちまった 」
と、苦笑していたようですけれど。

金額に異存はないので、お願いすることになりました。





翌日
外構業者が石の様子をみると、ロープが掛かっているとのこと。
( 外構業者は敷地前の公園を造っているので、常に様子が分かっています )
どうやら、不動産屋が移動するつもりらしいです。
それなら、私の方で移動する必要はないので、断ることになるのかなと思ったのですが、
翌日にはロープが外されていました。

やはり、6トンの庭石を動かすのは通常の重機では無理だったようです。





不動産屋に電話をして確認すると、やはり、
「 動かそうとしたが、できなかった 」とのこと。
こちらで動かすことになりそうです。

庭石の移動2

 
前回、公園を造っている業者に頼んだが駄目だった話を書きました。
それが布石となり、思わぬ展開となりました。
 
1の記事から大分時間が空きましたが、庭石の処理が終わりましたので
その経過について書きます。



突然ですが質問です。
1.庭石を動かせる業者は何でしょうか?
 →基本は造園業者です。
  庭を造るのが仕事ですので、植木を運んで植えたり、庭石の設置もします。

2.安く庭石を移動出来る業者はどこでしょうか?
 →石を動かすことのできる設備を持っている業者です。
  わが家の庭石を2メートル動かすだけであれば、1時間もかからないはずです。
  そのために機材をレンタルすると、回送費も含め相当な金額になるはずです。

造園業者が分からなかったこと、費用を安く抑えたいことから考えてみると、
「 石材 」の業者がよさそうな気がしました。
石材の移動には常に機材が必要だからです。


そこで、近所の石材店に電話をしてみました。
すると、「 造園業者に頼んでください 」 と一瞬で撃沈。

いい考えだと思ったのだけれど、駄目でした。
が、もう一軒、道路脇に別の石材店の看板が出ていることを思い出しました。
さっそく調べて電話してみます。
「 いいですよ。 機材も所有しています。 通常3~5万円くらい 」とのこと。
重機が入れるかどうかによって、金額が変わるとのことで現場の確認をお願いしました。


土地に着いてみると、裏の敷地の整地が始まっていたとのこと。
土地引き渡しの時に、不動産屋から聞いていましたが、隣人の兄弟が売却するのでしょう。

すると、石についても不動産屋が移動してくれるかもしれません。
約束は
「 最終的には不動産屋で処分する 」 が、
「 処分前に邪魔になるようであれば、私が裏の土地に2mほど移動する 」
ことになっていたからです。

石材屋は、2万円にまけてくれたのですが、しばらく様子を見ることにしました。




追記
外構、地盤補強などの見積もりに「回送費」が入っている場合、通常、その業者は重機(機材)を
持っていないので、レンタルすることを意味します。
レンタル業者が重機の運搬する費用が回送費で、回送は借りるときと返すときの2回発生します。
1時間借りても、10日間借りても同じ「回送費」がかかるわけです。
機材を所有していない業者に、短時間で終わる作業を頼むと、回送費の分だけ割高になります。
そこで、今回の場合、機材を所有している業者を探すことが、安く済ませるために必要でした。

では、機材のレンタル費用は??
通常、建設業界で仕事の量は「 人/月 」 で計算します。
人力で時間を掛けて行う作業を、機材で行うため、「人件費」が減って「レンタル費」が発生します。
そのため、普通は機材のレンタル費が見積もりに記載されることはありません。

もし、機材を所有している業者なのに、見積もりに「回送費」の項目がある場合、
あまり良い業者でない可能性もあります。

私のセキスイハイムの見積もりには、外構にも地盤補強にも回送費の項目がありました。
機材を所有していない業者を下請けにしているとも思えないのですが・・・・。




庭石の移動1

実際の日より、ブログの更新が10日ほど遅れています。
この記事は、3月8日の「 問題発生 」の前の出来事です。

週末に土地を見に行きました。
以前、敷地の前の公園を造っていることを書きましたが、今日も工事中でした。

これを見て、ひらめきました。
ついでに庭石をどかしてもらおう!!

以前から問題になっているわが家の敷地に居座る庭石ですが、「 誰が 」、「 何時 」
移動するのか、はっきりしていません。
決まっているのは、私の裏の土地を売却することになったため、最終的には不動産屋が処分する。
ただし、それ以前に邪魔になるのであれば、自分で裏の土地に2メートルほど移動する。

基礎に当たるのは確実なので、基礎着工までにそのままにしておけばセキスイハイムで
手配してくれるはずです。
ただ、いつになっても見積もりが出てきません。金額が不明なのは怖い。
私が手配するにしても、つてがないし。


公園工事の人にお頼んでみると、ちょうど重機があり、あっさりOK。
お礼の金額も問題なくまとまりました。

ところが、近くで確認してもらうと、でかすぎて普通の重機では移動できないとのこと。
いい考えだったのですが、残念です。



やはり、6トン(推定)の庭石は手強かった。
↑当初、適当に10トンと書いていましたが、業者によると6トンくらいとのことですので
修正しました。

不動産屋について

追加購入の土地の決済は無事に終了しました。
決済手続きには、
・買主(私と妻)
・買主側不動産屋
・売主側不動産屋
・司法書士
計、5人が立ちあいました。

買主(私)側不動産屋はいつも社長が対応してくれるのですが、
病気で入院しているということで、別の方がきました。
いつも親身にしてくれる親切な社長です。大丈夫か心配です。
社長といいますが、社員1名ですので、2人しかいませんが。

売主側不動産屋は地元では大きな不動産屋の支店長です。
最初から最後までこの方が対応してくれました。
売主が難しい人なので、他の社員には任せられないそうです。
この方も夏に3ヶ月間ほど入院していました。

この土地に携わると病気になる呪いでもあるのでしょうか。

土地購入にあたり、両方の不動産屋2人には大変よくしていただきました。
この2人が担当していなければ、今回の土地購入は途中で挫折していたはずです。
感謝感謝。家が完成した際には、お礼に行きたいと考えています。




不動産を購入して初めて知ったことがたくさんありますので、メモを兼ねて書きます。

家の新築を考えていたところ、インターネットで気になる土地を見つけた。
地元の大きな不動産屋Aだった。
この段階で、連絡をとったら仲介する不動産屋Aは買主、売主の両方の仲介をします。

土地の近くに住んでいないので、近くに住む母に見に行ってもらった。
その際、どのような土地なのか近所の小さな不動産屋Bに聞いてみた。
不動産屋Bから「 その土地を購入するのであれば仲介させてほしい 」と言われた。
広告を出した不動産屋Aしか仲介できないのでは? と思ったが、
妹がその不動産屋Bで土地購入を進めていることもあり、合わせて仲介手数料を大幅に
減額してもらうことを条件に依頼した。
不動産屋Bは買主側の仲介業者となり、不動産屋Aは売主側の仲介業者になりました。
不動産屋Bは買主から仲介手数料を受け取るので、買主側のために動いてくれます。
不動産屋Aは売主から仲介手数料を受け取るので、売主側利益を優先して動きます。



気になる不動産があれば、知り合いか近所の不動産屋に相談にしてみるといいですね。
近所の不動産屋なら土地のことも詳しいですし、
土地を探す手間がないので、交渉によって手数料の減額も期待できるかもしれません。



土地決済(追加購入地)


追加で購入した土地の決済を行いました。
売主は、遠方に住んでいることもあり、来られません。

不動産屋からは決済まで全て郵送で行ってもよいと言われたのですが、
不安もあるので不動産屋、司法書士と直接会って手続きをすることにしました。

支払いは、小さい土地で金額も大きくないので銀行のローンは利用しません。
そういう時は普通、どこで手続きをするのでしょうね。

ローンは利用しなくても、振り込みがあり、現金を用意しなくていいので銀行が便利です。
銀行に電話をして応接室を借りれるかを聞くと、問題ないとのこと。

銀行からは土地の決済に多額の現金が必要かどうか聞かれました。
銀行の支店では、普段現金の用意が多くなく、現金で取引する場合は
事前に伝える必要があるそうです。
銀行の応接室を借りられるということ、現金のことも知りませんでした。
初めてのことでいろいろ勉強になります。
もっとも、今後一生縁がないとは思いますけれど(笑)。



手続きは問題なく終了しました。
これで、土地については全て終了です。
大きな前進です。

公園がない!?


追加購入した土地の決済があるため、購入した土地を見に行くと・・・
家の斜め向かいにあった公園がなくなっていて、何か工事をしている。


鉄棒とベンチしかなく、夏には草ぼうぼうだった小さな公園ですが、我が家からは
道路を挟んで南西の方向に位置し、日当りを保証していました。
区画整理地内に残る古い公園で、整理事業の地図を見ると、緑地になっていたのですが。






近づいてみると、「 公園を新しくつくっています 」 の看板が。
ブランコはないようですが、遊具も設置されるようです。

子供のいい遊び場が出来ます。


わが家の敷地からみた建設中の公園です。
敷地から見た公園(建設中)

遮るものがなく、いい景色です。
見える空き地は全部、区画整理事業地です。
ほとんど売れたようなので、数年後には家がたくさん建っているはずです。

公園はダイニングから良く見えるはずなので、安心して子供を遊ばせられますね。



プロフィール

むうれん

Author:むうれん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。