にほんブログ村 にほんブログ村セキスイハイム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIYで(実家の)レンガアプローチ(その4)


前回から3日ぶりに作業再開です。

3日ぶりに見てみると、並べたレンガは曲がり、でこぼこ状態。
サイドの部分は大分下がってしまっています。
固定していなかったので、予想はしていたのですが。


まずは、きちんと並べ直すことにしました。
一個一個、レンガを持ち上げて、
下に砂を少し入れて、
レンガを載せ、
ゴムハンマーで叩いて水平を合わせます。
ゴムハンマーは100円ショップ(ダイソー)で200円。


サイドは沈みやすいため、レンガを立てた方がよさそうですが、
今回はデザイン重視で、モルタルで固定することにしました。

水で練ったモルタルをシャベルでレンガに押しつけるように塗りつけていきます。
少なめにすると、モルタルが割れると思いますので、贅沢にたっぷりと。
レンガアプローチ052505


レンガの上から水を加えていない空練りのモルタルを振りかけ、箒で目地に埋め込みます。


ジョウロで上から水を振りかけます。


翌日までモルタルが固まるのを待ち、周りを埋めて均して出来上がり。


レンガアプローチ052506



思った以上にカーブがきれいにできました。
レンガも叩きながら一個一個調整しているので、ほとんどでこぼこがありません。
両親も満足です。




最終的に、当初の予定より
レンガ : -5個
モルタル : +1袋
砂 : +3袋
となり、材料費は約11000円(道具を除く)で完成しました。

費用的にも満足ですね。







写真では分かりにくいですが、モルタルが原因か、レンガがくすんでしまいました。
きれいにしようとワイヤーブラシでこすったり、高圧洗浄機で洗浄したりしたのですが、
あまり効果はありませんでした。

ネットで調べると、サンポールをかけるといいらしいですので、そのうちに試して報告します。



スポンサーサイト

DIYで(実家の)レンガアプローチ(その3)

材料は前日の夜に買い、朝から作業スタートです。

1.
まずは、カーブの型紙をつくります。
スーパーでもらってきた段ボール箱を開いて、メジャーをコンパス替わり
円弧を書き、カッターで切りぬきます。


2.
型紙を地面に置いて、レンガを敷く場所を決めます。


3.
 水糸を張ります。
レンガに水糸を巻きつけて、地面に置きました
レンガアプローチ052501



4.
レンガを敷く場所を掘り下げます。
レンガの厚さは4.5cm。砂は4cmなので、水糸から8.5cm程度の深さにします。

5.
掘り下げた地面を足で踏み固めて平らにします。
レンガアプローチ052502



6.
砂を敷きます。
 2と4の作業が適当だったため、計算通りにいかず、3袋追加購入しました。

7.
砂を木の板を使用して平らに慣らします。
レンガアプローチ052503



8.
レンガをカットします。
 そのままのサイズで円弧状に配置すると、外側のレンガのすきまが4cmくらいに
 なってしまいます。内側から2個のレンガを1.5cm短くカットしました。
 カットには、グラインダーを使用。
 グラインダーの刃は100円ショップで「 石切り用ダイヤモンドカッター 」の
 刃を切断を購入。300円。ホームセンターなら1000円以上します。
 予備の刃も購入してあったのですが、1枚の刃で40個全て切断することができました。


9.
レンガを仮に並べて様子をチェックします。
レンガアプローチ052504
なかなかいい感じです。




夕方になったため、本日の作業はここまで。





DIYで(実家の)レンガアプローチ(その2)

レンガの並べ方を決めました。
次は、材料です。

まずは、現場を測定しました。
直線距離で3.5m。
横方面に1.5mずれています。
高さはほぼ水平。
人が歩くだけなので、幅は50cmあれば十分です。
高圧洗浄機で掃除出来るよう、目地はモルタルにします。
レンガの下は砂だけにし、厚さは4cmとします。
レンガは標準的な10cmX20cm。



レンガアプローチ001
(この絵は適当に書いたもので、実際にはきちんと計算しています)


カーブの半径などは、図を書いて計算。
図形の相似の計算なんて、ウン十年ぶり。

計算の結果、必要なレンガの数はちょうど100個。
砂は80リットルくらい。
インスタントモルタルが1袋(25kg)。

早速ホームセンターを梯子して、レンガを見ます。
ホーマックのベルギーレンガは、何色か混ざっていてよさそうです。
値段も78円と安いので、これに決定しました。

砂は30リットルで258円。
モルタル(セメントと砂が混ぜられたもの)は25kgで598円


材料費は10000円強になりそうです。



DIYで(実家の)レンガアプローチ(その1)

外構計画は現在休止中です。
予算の問題が解決していないためです。

先日ふと、
「 自分でやればいいのでは。 」
と思い浮かびました。

塀や駐車場はプロに頼むにしても、玄関までのアプローチくらいなら自分で
できるかもしれません。

でも、いきなり玄関アプローチは失敗したら怖い。

ここで
「 私の実家で母が、駐車場からのアプローチがないので、雨の日が不便」
と言っていたことを思い出しました。

私からすると、「 ただで練習ができ 」
両親からすると、「 材料費だけでアプローチができる 」
一石二鳥の作戦です。
「 失敗したらどうするんだ!? 」
との声もありましたが、無視することにします。


早速、情報収集です。
母は「 30cm角のコンクリート平板を並べればいい 」との考えだったようですが、
それでは練習になりません。
私の独断でレンガを並べることにしました。

では、レンガをどう並べるのか?
ネットで検索すると、様々な並べ方があり悩みます。
「ランニングボンド」という並べ方ほぼ決めた時、M市の展示場での打ち合わせに行きました。
外構の見本があり、レンガのアプローチもありました。
レンガは全部同じ向き、進行方向に並べただけ。
けれども、滑らかなカーブが非常にいい感じ。
一目でこれに決めました。

どうやってきれいなカーブを作るのか?
レンガはカットしなければならないのか?
そもそも本当にできるのか?

次回に続きます。

掘り下げ


上棟ではクレーンを使用します。
セキスイハイムの場合、ユニットで木材より重量があるため、通常の住宅より
大きなクレーン車が必要です(未確認)。

今回、面している道路は6mの幅があるため、クレーン車が入るのは問題ありません。
ですが道路にクレーン車を停めて作業すると、作業中は道路を通行止めにする必要があり、
警察に道路の使用許可をとる必要があります。


敷地内の駐車場を予定のスペースにクレーン車を入れて、作業をする予定です。
しかし、わが家の敷地は道路より50cmほど高く、道路との境界には3段のブロックが
積んであるため、そのままではクレーン車が入れません。

そのため、上棟前までに駐車場スペースの掘り下げようと思っていたのですが・・・
地盤補強工事を行う前に、敷地を囲むフェンスを設置するため、その前までに
掘り下げる必要があるとのこと。

いきなり予定が早まりました。
セキスイハイムに外構を頼むのであれば、掘り下げ費用は含まれています。
そうでなければ、別料金でセキスイハイムに頼むか、自分で手配する必要があります。

外構は予算の関係上、自分で手配するつもりです。

とりあえず、ハイムに掘り下げの費用を聞いてみました。
概算で30万円とのこと。
外構工事から掘り下げ費用がなくなるとはいえ、この金額は痛いです。

では、他の外構業者は?
目の前の公園を工事した外構業者(庭石をどかしてもらった)に外構見積もりを
依頼していたため、金額を教えてもらいました。
外構総額で270万円。

ハイムよりは安いですが、予算オーバーです。
何とか値下げをしてもらえないか交渉したのですが、厳しそうです。


外構のことは保留にして、掘り下げだけをお願いしました。
今後、この業者に外構を頼んだ場合は、掘り下げ料金も含まれるのですが、
別の業者に頼む場合は、約10万円を支払うことになります。

セキスイハイムの3分の1だから仕方がないのかな。














新外構案(その5)

外構の最新案です。

20100306外構5

スライドタイプの門扉をあきらめたことにより、玄関前が広くなっています。
また、門扉を入るまでに2段のステップをつけることにより、駐車場の傾斜を抑えています。
2段で25センチくらいにできれば、5%以下の傾斜に収まる計算です。
さらに玄関前にも若干のスロープをつければ4%にもできます。

門扉前のスペースは軽自動車用になりますが、通常の小型車でも停められそうです。

道路にはみ出すわけではないので、門扉は外開きにしています。


まだまだ問題は残っていますが、この案を基本として考えていくつもりです。


新外構案(その4)


外構担当のS野さんからメールで外構図をもらいました。
あれ? 玄関前の階段がなくなっている。

しばらく理由が分かりませんでした。
良く見ると、パース図が付いていたのでこれを見て理由がわかりました。
駐車場に勾配をつけていたのです。
道路から門扉までの間に敷地の高さ分をスロープで上がり、敷地内はフラットです。
パース図をみると、かっこいいです。


けれども、いくつか問題も見つかりました。
1つは、私が図面を見落としていたのですが、玄関ポーチが予定より大きかったため、
玄関前のアプローチが狭くなってしまっています。測ってみると、狭いところで80センチくらい。
100センチは欲しいところです。
これを直すには、駐車場の奥行きを短くする必要がありそうです。
今の奥行きは5.4メートル。できればこれ以上短くしたくはありません。

もう一点、パース図で見ると、非常に恰好のいい駐車スペースですが、
どうも勾配がきつすぎるようです。
奥行きが5.4メートルで45センチ上がるので、8.3% 。
ちょっとした峠道なみの勾配ですね。
サイドブレーキのかけ方が甘いと、車が公道に飛び出すかもしれません。
( わが家の車はマニュアルです )
駐車している車への影響も少し心配です。

見積もりは、、、、、前回プラス100万円!!
やっぱり無理です。


問題は三つ。どうしましょう。


↓ 提案の図面を私がエクセルで図にしたもの
20100306外構5

新外構案(その3)

続きです。

アプローチを東側にもっていきました。
20100304外構4

これは・・・なかなかいいです。
アプローチをフラットにすることで、普段は十分なスペースを確保しつつ、
来客時はもう一台駐車できます。

自転車も簡単に敷地に入れることもできます。
欠点は、門扉を入ってから玄関までが狭く(1.1メートル)になっていること。
敷地と道路の高低差が50センチあるため、階段が急になることでしょうか。
自転車は斜めにとめることになり、門扉を入って少しサイクルポートをくぐることになりそうです。
また、サイクルポートをつくるために、基礎の掘り下げが必要です。
( ダイニングを掘り下げる部分がなくなったので、予算的には問題なし )

これは気に入りました。

門扉もっと東に寄せたいのですが、扉の関係で門扉の西に郵便受けを
付けることができません。
そこで郵便受けを東側に付けるための門柱をつくっているため、仕方がありません。


先日会った外構業者にはこの図面を見せたのですが、NGだったので、
再度セキスイハイムに見積もりをお願いすることにしました。

セキスイハイムの外構担当者にメールで依頼しました。
プランニングのほとんどを自分でやっているので、その分安くならないかな。







新外構案(その2)


続きです。

先ほどの案では、駐車スペースと人が通るスペースを分けたのが問題だったと思われます。

それなら、駐車スペースを通ればよくなるのかも。
カーポートのゲートはあきらめてもらいます。
20100304外構3

なかなか良くなりました。
がんばれば3台駐車できます。
欠点は自転車ポートがちょっと不自然なこと。
車の間を歩くアプローチが好きになれないことです。
それなら、アプローチを端にもって行ったらいいのでは?

3番目の案に続きます。


新外構案(その1)


新しい外構案を3つほど考えました。

いい案ができたのですが、その前にNGとなった2つの案から公開します。

わが家のこだわりは、
・車が3台(普通2台、軽1台)停められること。
・門扉の中に、オートバイ、自転車を置くサイクルポートを設置できること。
 ( サイクルポートまではフラットか、スロープにする )
・門扉は自転車を入れやすいように、スライドタイプにする。
こんなところでしょうか。


まず、奥様の希望を取り入れた案
希望:カーポートに跳ね上げタイプのゲートを付けたい
   駐車は2台になってもよい。
20100304外構2
( 図は奥様の言うとおりに書いたものです )

自転車置き場はカーポートの奥にしてあります。
これはちょっとないですね。
アプローチが無駄に長くて庭が狭くなってしまいます。
車が駐車していると自転車も出せないし。
ちょっとこれはないかな。


次に続きます。







外構打ち合わせ

外構の打ち合わせをしました。

セキスイハイムでの見積もりは出ているのですが、予算オーバーのため、
他の外構業者も考えているのです。

外構について調べていて知ったのが 「 スタンプコンクリート 」 。
コンクリートに着色することにより、石の質感を出したり、木や枕木などを表現できます。
まるで本当に木材や石でできているようです。
ディズニーランドは、建物や道がスタンプコンクリートで作られているそうです。
価格もインターロッキングより安いようです。
予算問題でコンクリートになってしまった我が家のアプローチも、かっこよくなるかもしれません。

もっとも、気持ちは徹夜で作った“新”外構案に替わってしまったので、スタンプコンクリートの
必要性も低下してしまったのですが・・・。


外構業者の方とは事前に連絡をとって、我が家の敷地を見てもらい、
事務所で打ち合わせをしました。



非常に情熱的な方でした。
夫婦2人だけでやっているそうですが、新しい技術などにも詳しく、勉強のため欧米にも
しばしば行っているそうです。
外構を天職と考えているとのこと。技術も確かそうです。
仕事が詰まっていて6月までは新しい仕事を受けることもできないほどとのことでした。
事務所での話は2時間にも及び、いろいろな話を聞くことができ、見積もりをお願いしました。
















結果を言うと、翌朝電話をして見積もりをキャンセルしました。
我が家と考え方が合いそうにないことが最大の理由です。
私の考え方は
 「 機能最優先。 見た目はそれなりにこだわるが派手なのはいや 」
奥様の考え方は(私が思っていること)
 「 見た目のよさは必要。ただし、シンプルな中にセンスがあること 」
当然、これらの希望を予算内で、最大限かなえられる業者に頼みたいと考えています。

これまで、奥様と二人で散歩しながら、たくさんの家の外構を見てきました。
徹夜でプランも考えて、駐車場の配置、化粧ブロックの色、門扉、フェンスの種類まで
具体的なイメージもあります。プランも印刷して持っていっています。
もちろん、素人なので分からないことはたくさんあります。
外構屋に求めているのは、私たちの希望を汲み取った上で、専門家の目で良いプランを
提案、施工してもらうことです。

この外構屋さんからはそういった視点を感じられませんでした。
「 化粧ブロックを使うと、家の雰囲気を壊すから使わない。
  普通の重量ブロックに(予算が厳しいなら)自分でペンキで色を塗るといい 」
「 ウッドデッキは安いツーバイフォー材で作る。 毎年塗料を塗れば3年間は使える 」
とのこと。


私は、
「 化粧ブロック、それも安いので良い。 それだけでは面白くないので、
  アクセント(スタンプコンクリート)がほしい。毎年ペンキを強制されるのはいや。 」
「 買うのであれば、最初が高くても長く使えるものが欲しい 」
と考えます。

考え方に大きなずれがありました。


金額についても
「 セキスイハイムさんより安くならない。けれども、同じ金額で絶対に満足させる。 」
とのこと。

厳しいことは分かっているのです。
私の予算で希望を全部かなえるのは難しいのでしょう。
けれども、
「 この予算ならここまでしかできない 」
「 ここまでやるなら○○円、予算をオーバーする 」
といった提案が欲しかったです。
期待していただけにいっそう残念。


予算にできるだけ近づけるように見積もりをお願いして、事務所を後にしました。


帰ってから奥様と話をすると、同じことを考えていたとのこと。
「 初めて会ったのに、お客の希望も聞かず、自分の意見を押し付けるってどうなの!!
 あの人に頼むのはいや 」
と怒っていました。さすが奥様。 そこらの感覚は確かで、信頼できます。


受注できない見積もりの手間を掛けさせるのは申し訳ないので、翌日、朝一で電話で
断ることにしました。
「 見積もりの後断られるのは普通だが、見積もりを作る前に断られたのは初めての経験 」
だったそうです。



なんだか乱文になってしまいました。
失礼しました。



--補足(追記)--
読み返してみるときついことを書いていますが、この外構屋さんが悪いわけではないです。
本当に情熱的で、外構の仕事に誇りを持っていることを感じます。
この不況下でそれだけ仕事があることから見ても、腕は確かで信頼されているのだと感じます。
ただ、「 私たちの希望と方向性に違いがあった 」それだけです。




外構案変更

以前公開した外構案ですが、両親などに見せたら、評価は散々でした。


20120219(隣地購入後外構案)


指摘事項
・駐車場と玄関が離れていて荷物を運ぶのが大変
・角に駐車場があるため、車をぶつけられやすい。また、駐車場内に立ち入りされやすい。
・ダイニングが西側道路から丸見え
・玄関アプローチで庭が分断されている
・玄関の前に物置があるのは格好悪い
・駐車場に階段があるので、近所の人やセールスマンが在宅確認で庭に入ってくる

ぼろぼろです。私も反発して、喧嘩に近い状態になってしまいました。

さらには奥様までが
「 主婦はダイニング、キッチンにいる時間が長いので、ダイニングからの景色を良くしたい 」
「 初めて土地を見たときから南西がを庭にするのがいいと思っていたが、
  いままでは土地が狭かったから我慢していただけ 」
などと言い出す始末。四面楚歌です。


押し切ることもできるのですが、後々までの禍根になったら怖い(笑)。
また、他の意見を検討もせずに却下するのは、どうかなとも思います。

そこで、駐車場を玄関前に移動したプランを作成して、見比べて判断することにしました。
翌日に外構の打ち合わせがあるため、3つほどプランを作成しました。

すると・・・・、良いプランができてしまったようです。
却下するために作成したプランなのに、一目見てこれまでのプランの却下が決まりました。


新しいプランは次回、公開します。


なお、プラン作成時は奥様にも責任をもって付き合っていただきました。
朝4時まで・・・(笑)。
それだけの価値はあったよね。


スタンプコンクリート



予算の関係上、当初インターロッキングで考えていた玄関までのアプローチは
コンクリートに変わってしまいました。

あまりお金をかけずに、見栄えをよくする方法はないかと探していたら、
「 スタンプコンクリート 」というのを見つけました。
コンクリートの上に凹凸のある塗装を行うことで、木や石など様々な質感をつくることが
できるそうです。
コンクリートの上に行うので値段はコンクリートより高くなりますが、インターロッキングよりは
安くなるとのこと。
奥様に話をすると、乗り気ではなかったのですが、ディズニーランドで使われていると知ると、
興味がわいてきたようです。

スタンプコンクリートをできる外構業者を探してみると、建築予定地の近くで見つけました。
ホームページをみて、施工した幼稚園を見に行くとなかなかよさそうです。

早速、アポイントを取り、打ち合わせを行うことに決めました。

セキスイハイムの外構より安くなり、見た目も良くなるのかな。
期待しています。

プロフィール

むうれん

Author:むうれん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。