にほんブログ村 にほんブログ村セキスイハイム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リユースハイムではなかった(最後に)

今回の問題は何だったのでしょうか?


実のところ、私には選択肢はなかったのです。
事前に、
「 工場で補修しませんので、解体したままの状態で上棟します。
 補修は現地で責任を持ってやらせていただきます 」
こう言われたら、
「 よろしくお願いします 」
以外の回答はなかったはずです。
心の準備もでき、多少汚かったり、壊れていても気にならなかったでしょう。

上棟の後に同じ言葉を聞いても、既に遅いのです。




なぜ、同じような問題が何度も発生し、嫌な思いをするのでしょうか。





スポンサーサイト

リユースハイムではなかった(その2)

応募時の資料にリユースハイムとの言葉がなかったのは、以前書いた通りです。


しかしながら、営業T橋さんからはリユースハイムと同じ説明を受けていました。
つまり、
「 解体したモデルハウスは工場に運び、工場で分解して悪いところを交換する 」
ということです。

全て記録しているわけではありませんが、それを前提とした話は何度もしています。
1.上棟60日前に80%の支払いを求められた
  上棟の60日前に工場のラインに投入することを根拠に、そのタイミングで80%の費用の
  支払いを求められています。

2.着工の前倒しを断られた
  当初、土地購入の都合で早い着工を希望しましたが、断られました。
  2月初旬に解体するため、工場での60日間を計算すると4月中旬前の上棟は
  不可能との説明でした。

3.上棟が延期された
  当初、4月の上棟で契約しましたが、工場の都合を理由に5月への延期されました。
  それに伴い、引き渡し日予定日も変更されています。

4.工場見学を断られた
  解体されたユニットがラインを流れるところを見たいと希望し、営業に伝えました。
  仕事を休んで工場見学にいくつもりでした。
  しかし、「 イレギュラーな作業のため、ラインの余裕を見ながらの作業になり、
  解体されたユニットがラインに投入されるタイミングが分からない 」と言われ、
  断られました。


今になり冷静に考えてみると、当初は営業のT橋さんも解体されたユニットが
工場で再生されると考えていたのかもしれません。
T橋さんの勘違いだったのか、途中でIセキスイハイムの都合が変わったのか・・・。






いずれにせよ、上棟の日まで「 工場で再生しない 」ことが私に伝えられることは
ありませんでした。



補足

リユースハイムの記事についてはその4まで投稿済みで、
順次公開予定ですが、コメントをいくつかいただいているので、補足します。
前後の記事と重複する部分もありますが、ご容赦願います。


1ヶ月が経過して、気持ちが落ちついたというのもあるのですが、
私は、今回の上棟について、絶対的に駄目だとは考えていません。
妻にはショックが大きかったようで、今でも落ち込んでいますが。


私が聞いていたのは
「 工場で補修されたユニットで上棟される 」
ことでした。実際には
上棟後、現地で調査を行い、不具合のある個所については、補修、交換をします。
「 新品同様のユニットで上棟する 」か、
「 上棟後に新築同様になる 」の違いですね。
“最終的な結果が同じになる”のであれば、その過程は異なっていてもいいのです。
もちろん、“最終的な結果”が同じにならないのであれば問題ですが。


ハイムは延長も含めた60年間の保証をするとしているので、
60年間住める家を建ててもらえればいいのです。


監督には非常によく対応していただいています。
少なくとも上棟後の監督の対応には、何の不満も感じていません。
どのみち、私には技術的な内容は分からないので、監督に任せるしかありません。





今回の問題は、
「 工場でユニットを再生をしてから上棟する 」
との説明通りに施工されなかったことなのです。





更新できないのは・・・


wanwanhouse さんから心配のコメントをいただきました。
ありがとうございます。


ブログの更新ができていません。
理由は、セキスイハイムとは関係ないところにあります。
それは・・・・・・

全然大した理由ではありません。





仮住まいに引っ越した際、パソコンの置き場所をかえたのです。
今までは床に座って使用するタイプのパソコンラックを使用していました。
今月1歳になったばかりの息子の攻撃が激しくなったため、仮住まいでは
パソコンとモニタを棚の上に避難しました。

ところが、少しばかり棚が高すぎて使いにくいのです。
特に、キーボードが。
検索程度は問題ないのですが、文章を入力するのは厳しく、更新が
おろそかになってしまいました。



昨日、上棟でした。
これを機会に改めて復活宣言をします。
過去の出来ごとから記事にしていきます。

よろしくお願いします。


トリプルヘッダー(3つ目)


夕方、実家に移動し謝罪の件と、今後の対応について説明しました。
納得はしていないようでしたが、理解はしてもらいました。


実家には、庭石を移動してくれた業者から見積もりが届いていました。
260万円。

セキスイハイムより安いのですが、それでも高い。
事務所に伺って話を聞いてきました。


公園の工事からも分かりますが、公共工事をメインで行っている会社のようです。
技術は確かだと思われますので、後はプランと価格です。


一番の課題は玄関までのアプローチです。
ジェラストーンを敷こうと考えていたのですが、ジェラストーンはもともと薄く割れる性質が
あるため、車が乗る場所には向かないとのこと。
レンガもあまりかたくないため、車が乗る場所は不可。
スタンプコンクリートのような、コンクリートの上に加工するのはあまり得意でない様子。

結局、インターロッキングが良いのではということになりました。
インターロッキングは「 高い 」ため、早々にあきらめた経緯があるのですけれど。



こちらの希望を伝えて再度、見積もりを依頼しました。
もちろん、金額の希望も・・・・。
困った顔をしていましたけれど、それでも、わが家の当初予算よりは50万円アップです。



厳しいのは十分承知していますが、よろしくお願いします。


 

トリプルヘッダー(その2)

 
なぜか、1日に3回の打ち合わせになってしまいました。
1つめは午前中に、謝罪に来られた件です。


午後は家を建てる場所近くのモデルハウスに移動しての打ち合わせでした。
約束通り、設計の責任者の方にも同席していただきました。

すると、
非常に多くのことを、指摘、修正していただけました。
例えば、階段の壁側に手すりがない件。
階段を上る際、左には手すりがあるのですが、右の壁には手すりがありませんでした。
危険だし壁紙が汚れるということで、追加していただきました。
また、今までできないと説明されていた、ドアや吹き抜け部のガラスを取り付けられることに
なりました。
これで、今まで繋がっていた部屋がかなり区切れるようになりエアコンの計画も変更できます。
その他にも、コンセントについても使いやすい場所に変更してもらいました。


今まで不満だった箇所が改善され、ずいぶん良くなりました。
うれしい反面、これまでの打ち合わせが十分でなかったことは残念に思います。


セキスイハイムでは、営業と設計の担当が分かれすぎていると感じていました。
ある時までは「 営業 」が担当し、「 設計 」に引き継がれます。
引き継ぎのタイミングが最終承認で、設計と営業同席での打ち合わせは1回だけです。

図面の段階で疑問や要望があっても、設計との打ち合わせがないため、営業経由で
聞くことになってしまい、時間がかかる上、不正確になっていたと感じます。
直接設計に疑問や要望を伝えると、その場で回答や、検討していただけます。
その機会がもっとあればよかったと思います。


もっとも、私に対する、通常のお客様と異なる対応だったのかもしれません。


 

住宅エコポイント

以前、打ち合わせで、モデルハウスの売却当選では住宅エコポイントの
対象外と説明を受けました。
理由は、「 新築でない(移築) 」 だからです。

30万円という金額は大きいですが、仕方がないと思っていました。
ところが、、、奥様はあきらめきれない様子。

電話を掛けて調べたようです。
たらいまわしにあったようですが、最終的に国土交通省に電話したとのこと。

結果、住宅エコポイントにおける新築の定義とは、2つあり
 ① 建築確認時、「 新築 」で申請されていること。
 ② 住宅瑕疵担保責任法が適用されること。
両方を満たす必要があります。

住宅瑕疵担保責任法については、全ての新築住宅が適用されるようです。
セキスイハイムの契約書にも瑕疵担保責任の項目があります。
では、建築確認は???

電話で設計のY田さんに確認すると、「 新築 」で申請するとのこと。

国土交通省に確認したことを話し、住宅エコポイントをもらえるように依頼しました。

私たちには「 移築 」だからエコポイント貰えないと説明し、
黙って「 新築 」で申請するつもりだったのでしょうか。
面倒だったから???

新築なら、エコポイントが貰え、
移築なら、固定資産税が安くなるはずです。


新築で、エコポイントをもらえないのは最悪のパターンですね。
( 着工時期の関係でもらえない人には申し訳ないのですが・・・。 )

長い目で見たら、移築の方が得かもしれませんけれど。





もしかすると、太陽光発電の補助金も??????
もはや、ハイムは当てにできないので自分で調べるしかありません。

施主支給

実際の日より、ブログの更新が10日ほど遅れています。
この記事は、3月8日の「 問題発生 」の前の出来事です。


---この記事は施主支給を勧めているわけではありません。---

---私も十分に余裕があれば、施主支給していません---

---施主支給にはリスクも伴いますので、自己責任でお願いします。---




以前、洗面化粧台とトイレ手洗い、「 ホシ姫サマ 」は施主支給することに決めました。
と書きました。

通常はセキスイハイムに設備の調達も依頼するのですが、施主支給した場合、
設備は自分で購入、取り付け費用をセキスイハイムに支払うことになります。
では、施主支給のいい点、悪い点はというと、
・いい点
 安くできる
 外国製なども含めて好きなものを選べる
・悪い点
 購入する手間がかかる
 住宅ローンに含められない
 監督と納品の日程を調整しなければならない
 セキスイハイムで保証してくれないため、故障時は自分でメーカーに依頼する
 家が出来るのを見ながら選べる(配管があるものなどは、事前に決めておく必要がある)

手間と、日程の調整についてはかなり、手間になると思います。
故障については運だと考えています。

今回分かったのは、それらの「 悪い点 」を補って余るだけの「 安さ 」があるということです。

正直、ここまで差があるとは考えていませんでした。
例えば、ホシ姫サマ CWF21SAの場合、楽天で最安値を検索すると、5万円台です。
これに工賃1万円をセキスイハイムに支払っても、3万円近く安く済みます。

大きな設備で、トイレの手洗いともなると、さらに大きな差になります。
私の場合、10万円くらいの差になりました。


私が見積もりを取ったのは「 施主支給.com 」というWEBショップです。
トイレ
http://www.seshu-shikyu.com/products/toilet-1.html
洗面化粧台
http://www.seshu-shikyu.com/products/powder-1.html

実際に見積もりをとるまでは半信半疑でしたが、私の見積もり(INAX)では
配送料も含まれて記載されている割引率でした。
私が購入するのは数カ月後であり、既に私の見積もりの有効期限は過ぎています。
けれども、メールでの対応も非常によかったので、紹介を。

念のため、書いておきますが
上記のショップと私は何の関係もありませんし、まだ購入もしておりません。
見積もりや購入は自己責任でお願いします。



しつこくもう一度書きます。
施主支給を勧めているわけではありません。
コストダウンするための選択肢の一つとして、紹介させていただきました。

打ち合わせ(最終承認できず)

実際の日より、ブログの更新が10日ほど遅れています。
この記事は、3月8日の「 問題発生 」の前の出来事です。


前回から1週間後の打ち合わせです。
今度は最終承認図にハンコを押すつもりで、準備をしていきました。

ところが・・・・
最終承認図が出てこない。
営業に聞くと、設計から図面が届いていないとのこと。
設計も同席していないし。

先週、一週間後に変更点を反映した図面を準備し、最終承認を行うと約束し、
「 最終承認は期限ぎりぎりなので、一週間以上は遅らせられない 」
と言っていたのに、一体どうしたのでしょう。
Iセキスイハイムの体質なのか、それともモデルハウス当選者は「 お客様 」 ではないのか。
いつもこんな感じで、腹がたつというより、呆れてしまいます。

仕方がないので、通常の打ち合わせです。
前回、見積もりが出てこなかった洗面化粧台とトイレ手洗い、「 ホシ姫さま 」は、
高くてとても手が出ませんので、施主支給することに決めました。
ずいぶんあっさりと「 施主支給 」を認めてくれましたが、時間がなかったから?

エコキュートの460リットル、薄型に変更は10万円強の差額。採用です。
10万円で庭が30センチ広くできることになります。

駐車場の場所を変更することで、基礎の掘り下げがなくなり、10万円弱値下げ。
また、家の場所を隣地から10センチ離し、70センチとすることにしました。

このような感じで、ほぼ最終的な状態になったと思います。

子供部屋2のドアをガラス入りに変更するのも問題なし。
ただし、5万円。 高い!
新しいドアを入れるのではなく、変更する差額です。
もともとのドアが安すぎるのか。

思わず、奥様が「 高い! 」と言うと、
営業は「 いつもいつも高い。 と言いますが高くないですから。 」ですと。
奥様は「 本当の事だから気にしてない 」というので聞き流しましたが、ずいぶん失礼ですよね。


一生照明を付けっぱなしにした方が安いとも思いましたが、少しでも外の明かりが
入るようにしたいので、ドアの変更を決めました。

最終承認をいつ行うのかについてはっきりせず、今回の打ち合わせは終了しました。

間取りの問題

実際の日より、ブログの更新が10日ほど遅れています。
この記事は、3月8日の「 問題発生 」の前の出来事です。


図面を見ていて問題に気付きました。
寝室の入り口の狭いところが幅65センチくらいしかない。

これではベランダに布団を持っていくのが大変そう。

子供部屋2をなるべく広く、長方形にするために部屋の入り口部分を変えたことが
原因で発生した問題です。

部屋の入り口を変更したいと思います。
子供部屋が少し狭くなりますが、仕方がないですね。


変更ついでに、ドアを変えることを思いつきました。
階段ホールに面している窓がなく、2階の廊下は暗いことが予想されます。
そのため、不要だった 「 寝室と階段の間のガラス 」 を残しています。

さらに少しでも明かりを取り入れるため、子供部屋2入り口のドアをすりガラス入りに
変更したいと思います。

変更前
子供部屋入り口

変更後
子供部屋入り口(新)

問題発生


問題が発生しました。

営業のT橋さんから電話で、セキスイハイムのミスで2週間以上着工日が遅れそうです。

「 理由は76条申請をしていなかった 」ためです。
76条申請とは、土地区画整理法第76条で定められており、区画整理地での建築は
建築確認の前に市町村長に開発許可を申請することです。



売主(お隣さん)には土地の契約時に3月中に着工すると約束してあります。
土地を購入する際に、購入後すぐ(1月中)に家を建てることが条件になっており、
モデルハウス当選により土地契約が破談しそうなのを、何とか3月着工でまとめた
経緯があります。

昨年の7月ころ、Mホームの営業に
「 76条申請があると、建築確認まで最低1ヶ月かかる 」
と言われて以来、ずっと気にかけており、
10月以来、営業には何度も76条申請の対象地域であることを伝え、
「 引渡しが遅れるのは認めても、着工については絶対守って欲しい」
と事情も含めて何度も営業に話をしてきました。


前回打ち合わせ時には、3月25日に着工が問題ないことを確認して、それでも不安になり、
先週も、設計のY田さんに直接電話して76条申請に問題ないことを、確認しています。


Y田さんから、経緯を説明するための電話がくるはずなのですが、
本日22時現在電話なし。


今まで不満があっても受け入れてきましたが、さすがに今回は限界です。
明日、もう一日はY田さんからの電話を待ちますが、納得できなければ正式に
クレームを入れるつもりです。
私に代わって売主に謝罪に行ってもらうのは当然のこととして、誠意のある対応を求めます。

住宅エコポイントと太陽光発電の補助金


打ち合わせで1つ、ショックなことが判明しました。

太陽光パネルは新品でないため、補助金の対象外。
住宅エコポイントも新築でないので、対象外。


2つあわせて、64万円です。
当てにしていたのに・・・(涙)

モデルハウス当選の落とし穴でした。

最終承認?(その3)


続きです。

7時間の打ち合わせにより、図面には赤字でたくさんの修正が加えられました。
4枚の図面に1枚あたり10項目くらいあると思います。

このまま最終承認したら修正だらけの図面になってしまうので、早々に今回最終承認は
行わないと宣言しておいてよかったと思います。

主な変更、決定事項
・エコキュート
 予想通りエコキュートは新しいものに無償で新しいものに変更されるそうです。
 そこで、460リットルの薄型に変更可能かを尋ねたら、差額で変更可能とのこと。
 見積もりをお願いしました。

・外部200Vコンセント
 外壁に200Vの防雨コンセントの取り付けを依頼しました。
 電気自動車か、プラグインハイブリッドが普及したときに充電で使いたいためです。
 100Vでの充電では時間がかかり、一晩での充電は厳しいため、将来的に200Vで
 充電するのが主流になると、予想しています。そのときに備えるためのコンセントです。
 コンセントの種類は適当にパナソニックの「WK6330」を選びました。

・ふかし壁
 図面上では階段の手すりは両側にありますが、実際に片側だけです。
 このままでは、階段との間に30センチほど隙間ができてしまい、子供が転落します。
 そこで、ふかし壁を作ってもらうことにしました。ニッチ棚を埋め込みたいと考えています。

・物干し
 洗面所に物干しとして、パナソニックのホシ姫サマ「 CWF21SA 」を付けることにしました。
 以前見積もりを依頼したのですが、忘れられていました。

・サラウンドスピーカー
 モデルハウスのリビングについていた、5個の天井埋め込サラウンドスピーカーを
 そのまま移設してもらうことになりました。

・階段吹き抜け照明
 照明付シーリングファンでしたが、「シーリングファン + ダウンライト 」に変更しました。
 照明付シーリングファンでは、ファンを階段の上下で制御できないためです。
 照明の電球は交換が困難な場所なので、電球のみパナソニックの「無電極パルック」に
 変更するつもりです。
 LEDほどではないですが、寿命が30000時間と非常に長いのが特徴です。

・ダイニングに引っ掛けシーリング
 ダイニングは吹き抜けの傾斜天井になっており、非常に天井が高いです。
 天井を照らす間接照明の採用したのですが、どの程度明るくできるのかわからず不安です。
 後から照明を付けられるよう、引っ掛けシーリングを追加してもらいました。
 本当は以前から考えていたのですが、追加料金が怖くて追加できませんでした。
 今日依頼したら無料といわれました。
 天井まで6メートルほどあるため、後から自分で照明を取り付けるのは困難ですけど。

・太陽光パネル
 図面には太陽光パネルが4.2kWと記載されています。
 モデルハウス抽選の募集では4.8kWを記載されていたと思ったのですが、記憶ミスか、
 募集チラシの記載ミスだと思っていました。
 今日、設計に聞いたところ、4.8KWが正しいとのこと。モデルハウス建設時に追加したため、
 図面に反映されていなかったそうです。ちょっと得をした気分です。

・2階の洗面化粧台
 セキスイハイム標準の洗面化粧台はやめて、INAXの「ピアラDS」にしました。
 ショールームで実物を見て、気に入りました。

・1階のトイレ手洗い
 1階のトイレは私の希望で広さを半分にしたため、既存の手洗いが移設できなくなりました。
 (減らした分はキッチンのパントリーになりましたが、減らしても1.5畳あり広めです。)
 INAXの「 セレビオ/アークタイプ 」を自己負担で採用することに決めました。

・壁補強
 1階パントリーの棚を作る箇所、洗面所のタオル掛けの箇所等、何箇所か壁の補強を
 入れてもらうことにしました。
 料金がかかると思ったのですが、無料とのことでした。

追加料金がかかると思い、ためらっていた変更箇所が、今日はほとんど無料でした。
最終承認のときはこんなものなのでしょうか。ありがたいことです。

玄関のユニットが新しくなるため、玄関ドアを選びなおすことができるかどうか聞いたところ、
「普通は可能だが、 「 親-親 」 タイプのドアはラインナップが1種類しかないので変更不可」
とのこと。 新品になるだけでも満足ですけれど。

以前書いた2つの問題について、1つは小屋裏収納がつくれないことでした。
吹き抜け、勾配天井が多く、空気工房の配管が厳しくなっており、小屋裏収納をつくる
スペースがとれなかったとのことです。残念ですが、あきらめます。
もう1つは・・・、話に出ませんでした。
多分、問題ないのでしょう。助かりました。

最終承認?(その2)



続きです。


これから変更したい点はどうなるのかを聞きました。
「 今日の変更は図面に赤で手書き修正し、一週間程度で工場に図面を送る
 それまでの間であれば対応可能 」 とのこと。

とは言っても、今日の図面はこれまで見ていた図面とかなり異なっています。
その場でチェックしても見落としは避けられません。

修正箇所も多くなりそうなので、今日はサインするつもりがないことを告げました。
そもそもハンコも持ってきていませんし。
設計は困った様子でしたが、今日の内容を盛り込んだ最終図面を作り直し、
一週間後に改めて最終承認を行うことにしました。


打ち合わせが終了したとき、7時間が経過していました。
最終確認だと知らず、2時間くらいを予想していたため、食事の予定もしていませんでした。
昼食抜きになり、娘にはかわいそうなことをしてしまいました。

もっとも、娘はモデルハウス内での遊びに夢中で、空腹にも気づかず、
打ち合わせが終了しても、帰りたくないと駄々をこねましたが。


最終承認?(その1)


少し更新が遅くなりましたが、打ち合わせに行ってきました。

いままで打ち合わせを行っていたモデルハウスがなくなってしまったので、
隣の市の住宅展示場へ行きました。

予想に反して、遠かった。
20分くらいで着くつもりで、家をでたら50分近くかかりました。
大幅に遅刻してしまいまい、すみませんでした。


今回打ち合わせを行ったモデルハウスは先月完成したばかりの「 グランツーユー 」でした。
すごく豪華で、恰好よかった。
ダイニングはかさ上げしてある畳に切れ目があり、テーブルになっていました。
これはいいかも。と思ったら奥様に駄目出しされました。
当選したモデルハウスも現実離れをしていると感じたのですが、確実にそれを上回っています。
家の中に、中庭? があり、岩から小さな池に水が流れています。
えーと、「 空気工房 」には、除湿機能があるのですが、池で加湿したら意味がないですよね。
もしかすると、「 空気工房 」があるから家の中に池をつくっても大丈夫ということを
アピールしたかったのでしょうか。 聞きそびれました。
建坪は80坪くらい。事務所も込みとはいえ、広いです。
でも、空気工房のフィルタの配置が最悪でした。家の雰囲気を壊しています。
交換が必要とはいえ、何とかならなかったのでしょうか。



今回の打ち合わせは、およそ2カ月ぶり。
設計の方と初めて会いました。

挨拶を済ませて、取り出した図面には「 最終 」の文字が・・・。
下の方に、署名、捺印する欄と、これ以降の変更はできないと書いてあります。


こちらは直したい個所がたくさん残っているし、決まっていないこともあるし、
2か月ぶりの打ち合わせが、いきなり最終ですか。
驚きました。

長くなってきたので、続きます。

棟下げ4


出勤前に解体現場を見てきました。

驚いたことに、玄関がそのまま残っていました。
20100218(玄関)


20100218(上から)
ユニットがいくつか残っていることが分かります。

20100218(ユニット)
どうやら、玄関のユニット、2階の風呂だったユニット、1階の風呂になる予定のユニットの
3個が残されています。
確か、再利用できないユニットは、その場で解体して破棄すると聞いた記憶があります。
玄関のユニットについては、聞いていませんでしたが、作業をしている方に聞くと、
破棄するとのことでした。
玄関部分だけ他とタイルの色が変わってしまわないか、少し心配です。
( 経年変化による色あせ、色の違いは保証の対象外 )


20100218(自動ドア)
玄関を裏からみたところです。
モデルハウスの証、自動ドアが見えます。
自動ドアのために、ユニットの再利用ができなかったのでしょうか。

玄関を新しくするのであれば、玄関の照明、ドアの種類、色を変更することができるかも知れません。
多分変更しないと思いますが。こだわりがない部分なので(笑)。


棟下げ3


引き続き棟下げの写真です。

2階終了
20100217(1F)
2階の棟下げが終了したところです。



妻パネル
20100217(妻パネル)
ダイニングの妻パネルが、トラックに載せらたところです。
2つ以上のユニットにまたがる窓がある場合、その窓の壁部分を1つのユニットにします。
このユニットを妻パネルと呼ぶそうです。
ラーメン工法の原理から考えると、ハイムの鉄骨系では、存在しないのではないでしょうか。
このモデルハウスではダイニングと和室の2箇所で使用しています。


棟下げ中の写真はこれで終わりです。
近日中に棟下げ後の様子を見に行ってきます。

棟下げ2


私は仕事のため、見ることができなかったのですが、奥様が写真をとってきてくれました。

屋根
20100217(屋根1)
大きいですね。どうやってトラックにのせるのでしょう。


トラックで運ばれていく屋根
20100217(屋根2)
運ばれていく屋根のユニットを後ろから


2Fその1
20100217(2F1)
2階の寝室のユニット(窓側)を持ち上げようとしています。


2Fその2
20100217(2F2)
2階の寝室ユニット(窓側)がトラックに積み込まれました。


奥様情報によると、トラックには2個ずつユニットが載せられていたとのことです。





やっぱり、空飛ぶユニットを自分の目で見たかったな。

棟下げ1


今日は棟下げの日でした。

出社前に見に行くと、クレーン車が来ておりすでに作業を開始していました。
会社を休んで一日見ていたいのですが、そういう訳にはいきません。
残念。


表から
20100216(表).JPG


裏から
20100216(裏)

打ち合わせの日程決定と問題発生


実は、セキスイハイムと最後に打ち合わせをしたのは昨年の12月。
2ヶ月近く打ち合わせをしていません。

私も土地の追加購入の件でごたごたしていましたし、営業のT橋さんも忙しいのでしょう。
モデルハウスの相手をしたくない気持ちもあるのかもしれません。
実際、以前、
「 モデルハウスの売却は成績にならない。打ち合わせは最低限にさせて欲しい 」
と言われました。
ずいぶん失礼だなと思いましたが、それでも昨年中は必要十分な打ち合わせができました。
普通のお客以上だったかも。



要望などもありますし、土地の引渡しがきまったので、そろそろ打ち合わせも再開する必要が
ありそうです。
今日、電話をして次の打ち合わせ日を決めました。
まだ一週間以上先ですが。

電話で2点、問題が発生していることを告げられました。
かなりショックです。
その内容については、打ち合わせ後に記事にしたいと思います。

追加土地の引渡し日が決まる


追加で購入することにたった北側の土地の引渡しの日を決めました。
金額が大きくない(私には大金ですが)ことから、遠方に住む売主は来ないそうです。

「 自分で売主に振込み、その控えを渡せば司法書士が引き渡しの手続きをする 」
と不動産屋は言うのですが、司法書士にも会ったこともありませんし、不安です。
通常に近い形で手続きしてもらうことにしました。

銀行の応接室を借り、私と買主(私)側の不動産屋、売主側の不動産屋、司法書士が集まります。
名義変更に必要な書類が全てそろっていることを確認し、売主の口座に振り込み、
確認した司法書士が、すぐに法務局に行き手続きします。

売主がいないことを除けば通常の手続きと同じですね。


問題になっている庭石ですが、私の方で隣地(売主の別の所有地)移動することになりました。
北側に1.5メートルほど動かす必要があります。
私の方の希望で土地を購入することもあり、仕方がないと考えています。

費用がどれだけかかるのかが一番の問題です。

工場見学


週末、セキスイハイム、笠間工場の工場見学会に参加してきました。
グランツーユーの木質系ユニットをつくっています。


工場見学の参加は、昨年、営業のS井さんからしきりに勧められていました。
「 工場見学に参加してポイントを稼ぐと、モデルハウス抽選での当選確率が2倍になる 」
とのことでした。
しかしながら、当時の気持は鉄骨系に傾いており、セキスイハイムのプランは不満で、
TYホームで話が進んでいたので参加しませんでした。
当時、ハイムの工場見学会があったら参加したと思います。

抽選倍率が2000倍と聞いていたので、
「 確率が2倍になっても当選するはずはなく、あてにしていなかった 」
というのが、実際のところです。
それが当選してしまったので、驚きですが。

---補足---
 抽選は予備抽選と本抽選に分かれており、予備抽選ではサイコロを振ります。
 ポイントが貯まると、外れてももう一度サイコロを振ることができ、予備抽選通過の可能性が増えます。
 単純に当選確率が2倍になるわけではありません。



朝9時にバスに乗って出発しました。
工場見学のバスは4台でした。うち3台はハイムの工場に行くとのこと。
木質より、鉄骨の方が人気のようです。
新しいモデルハウスの抽選を控えており、ポイント目的の参加者が多いとのことでした。



工場見学は、楽しかったです。
慣れているのでしょうが、説明も上手く、いろいろ理解できました。
わたし的には実際の工場見学が面白かったです。
休日で作業を行っていなかったのは残念ですが、一日中眺めていたいくらい。
特に、家の構造が分かり、勉強になりました。


グランツーユーの光熱費の説明があったのですが、あるモデルハウスでは
約70坪の広さで、1台のエアコンしか使用していないそうです。
本当に1台だけで生活できるのであれば、すごいですね。
光熱費ゼロも簡単に達成できそうです。

さすがに1台だけでは不安なので、わが家では最初に
「 リビング 」、「 和室 」、「 寝室 」の3か所にエアコンを付ける予定です。
( 仕切なしでつながっています )


太陽光発電を付けるのであれば、
 「 オール電化 」、「 深夜電力 」、「 高気密・高断熱 」
がセットになっていなければ、効果が少ないとの説明。
確かにその通りですね。勉強になりました。

参加者のしきりに、「 なるほど 」などと、相槌を打つ声が、
まるでテレビショッピングのようで、笑ってしまいました。





営業の説明によると、光熱費が非常に得になるので、
「 3万円/坪程度の差額なので、ツーバイシックスにした方が最終的にはお得です 」
とのことでした。
住宅の寿命まで考えると、トータルで得になるか不明ですが、住宅ローンを抱える身としては
月々の出費が小さくなるのはいいかもしれませんね。


ところが・・・・・
工場で造っているのは、ツーバイフォーのユニットばかり。
気にしながら見たのですが、ツーバイシックスのユニットを見ることはありませんでした。



ツーバイシックスの「 グランツーユー 」は人気がないのでしょうか。

屋根の防水


天気予報では雨が降るようです。

出勤前に屋根の様子を見てきました。

結果、防水のマット? が敷かれていました。
当たり前のことですが、ちゃんとしてくれています。
20100210解体(全体)
拡大
20100210解体(屋根)


太陽光パネルも一部取り外されていました。


よく見ると、2階の窓が開いています。
閉め忘れか? と思ったのですが、既に作業を開始していたのでした。


屋根の面積に対し、太陽光パネルが小さいですね。
あと1kWは載せられそうです。
余裕がないのでやりませんけれど。

エコキュートが捨ててあった・・・ラッキー!!?


通勤前にモデルハウスを見に行きました。

外観からは解体の進捗は分かりませんでした。
が、ゴミ置き場が片付けられておりほとんどのゴミがなくなっていました。

残っていたのは、畳と、「 エコキュート
エコキュート



私にとってはうれしい出来事です。

モデルハウス売却では、
「 使えるものはそのまま再使用する 」
ことになっています。

再利用できるのに新品に交換する場合は、追加料金が発生します。
「空気工房」は私の希望で「新空気工房」に変更しているので、追加料金を支払います。


しかし、再使用することになっている物が、解体時に壊れたなど、
セキスイハイムの都合により再使用できなかったときは、無料で新品に交換することに
なっています。

つまり、捨ててあるエコキュートは、新品交換を意味します。

エコキュートについては歴史が浅いこともあり、4年間使用した物の再使用は不安でした。
給湯器の寿命がそれほど長いとは思えませんし、当初ついてくるエコキュートは
おまけ程度に考えていました。


そういう意味でラッキーです。
エコじゃないけど。








トイレもお願いします(笑)

天気予報によると


今日の夕方から雨。
現在解体中のモデルハウスは屋根材を取ってしまったので、木材が濡れてしまいます。

防水をしてくれるとは思うのですが、ちょっと心配です。
夜にでも確認しに行ってみようと思います。


昨日、営業に問い合わせたところ、「 棟下げ 」 工事は17日に朝から実施するとのこと。
見られそうにないのが残念。

「 棟下げ 」という言葉は初めて聞きましたが、「 棟上げ 」の反対ですね。
何だか不思議な言葉です。

解体写真1



休日に解体現場を見てきました。

現在はタイルを剥がす作業中でした。
20100207解体(タイル)

タイルは基本的にそのまま使用します。
しかし、ユニットを分解する必要があるため、境い目だけ剥がし、
剥がした部分だけ、再建築後張りなおすとのことです。


玄関から和室を見ています
20100207解体(和室)
写真で見ると、建築中のように見えますね。
壁際においてあるのはシュークローゼットです。

在りし日の和室
在りし日の和室




ダイニングからキッチンを見ています
20100207解体(ダイニングからキッチン)
システムキッチンにカバーが掛けられています。
なぜか畳が上に載っていますが、畳は新品に交換なのですね。
奥では床のタイルを剥がす作業をしています。大変そうです。


ゴミ置き場です
20100207解体(ゴミ)
空気工房のパーツとエアコンが何台も捨ててあります。
空気工房は私の希望で、新品に交換します。
エアコンはそのまま移設して貰いたかったのですが、保証の関係で駄目でした。
そのまま付けてもらえれば、ウン十万円浮いたのに。
残念。

モデルハウスの解体開始


奥様が
「 展示場の前を通ったら、モデルハウスの解体が始まっていた 」
と教えてくれたので、昨日、出社前に見に行きました。

解体開始

足場が掛けられていました。
すでに、屋根材ははがされており、屋内の解体も進んでいるようです。


閉鎖


荷物を運びだし、モデルハウスは閉鎖されたようです。

ホームページからも展示場の情報がなくなっていました。

展示場の前を通ってみると、事務所が解体されて基礎だけになっていました。
モデルハウスの解体は2月に入ってからですが、なんだか寂しい風景でした。
もちろん、解体後は整備されて移動、建て直して我が家になるのですが、複雑な心境です。


営業のT橋さんから連絡があり、
1月18日、土地の測量
1月19日、営業、設計、工事関係者で解体と再建築についての打ち合わせをするそうです。


私との打ち合わせは12月中旬からしばらくしていません。
ちょっと休憩といったところでしょうか。

まだまだ決めることはたくさんあります。

間取り公開2


続いて新しい間取りです。
モデルハウスからもらった家具についてはそのまま記載しています。

間取りの変更は原則不可で、かなりの制限があります。
浴室を1Fに移動するのは、ハイムからの提案なので無料ですが、ユニットをつくり直すそうです。

2F(新)
1F(新)

変化点としては、
1.2Fの浴室が1Fに移動し、納戸になった(実質的に普通の部屋)
2.2Fに子供部屋2ができた
3.パウダールームは書斎へ名前変更
4.2F空気工房が天井裏に移動し、洗面化粧台がついた
5.1Fトイレを2つに分けてパントリーをつけた
6.1F和室の入り口に引き戸(ふすま)を付けた
7.1F和室の周辺をフラットに変更(畳スペースは30cmくらい上がっている)
8.1F和室の吊り天井を布団が入るサイズに変更
9.1F壁のかざり棚をなくしたので、壁が薄くなった箇所がある


納戸、書斎は広くは見えませんが、7畳あるそうです。
ダイニングキッチンは21畳、しかも吹き抜け。
光熱費が恐ろしい・・・・。

間取り公開1

wanwanhouse さんの要望にこたえて間取りを公開します。

図面を読み込もうと思ったのですが、A3サイズで、できませんでした。
そこで、モデルハウス紹介のパンフレットから間取りをもらってきました。

まずは、変更前、現状のモデルハウスから
2F(現)
1F(現)


浴室が2Fにあるのが特徴です。

部屋の仕切にドアがない場所が多く、ほとんどの部屋が仕切なしでつながっています。
2Fの主寝室は区切られているように見えますが、パウダールームと1Fダイニングの
吹き抜けがつながっています。(消防法の規定で区切れないそうです)
和室と玄関も格子戸なので、仕切にはなっていません。

そのため、2Fの子供部屋を除く、全ての部屋をまとめて空調する必要があります。
(サニタリー等は部屋とみなしていません)
プロフィール

むうれん

Author:むうれん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。